今日の牛村さん~介護と育児と改造日誌~

車いじりが生きがいの介護福祉士の日々の記録です。

名前:牛村さん(仮名)
年齢:H3.6.29生まれ
性別:男
趣味:車いじり、バイクいじり、ギター、ベース、バス釣り
愛車:E52 エルグランド VIP
  JZX100 チェイサー ツアラーV(一時抹消登録中)
HE21S アルトラパン Mターボ
  AF58ズーマー

※当ブログの整備内容を参考にされる場合は自己責任でお願いします。作業中の事故、作業後の不具合など責任を負いかねます。

1601820013287

最近思うのが、メインカーとセカンドカーの違いとなんなんだろうということ。

うちで言うところのメインカーはエルグランドで、セカンドカーはラパン、車庫で眠っているのはチェイサーなんですが、乗る頻度で言うと圧倒的に通勤用のラパンなんですよね。

なので乗る回数を加味するとメインはラパンで休みの日や家族と出かけるときはエルグランドになるのでエルグランドがセカンドカーなのか??

と考えています。
まぁ正直どうでもいいんですけどね!


そんななんちゃってメインカーのエルグランドさん、こんなにデカい図体のくせして後ろから見たらマフラーが全く見えない!
19
正直今のご時世というか車の性質上マフラーが見えない方が割に合っているといえばそれまでですが、高校生ぐらいまではマフラーからでる排気の勢いで車が前に進んでいるという考えを持っていた私(バックの時は吸引する)としては納得がいかないわけですよ!


ちなみにこのマフラー理論、スポーツカーなんかがデュアルマフラーや4本出しマフラーを採用していたりするのでマフラーの出口の数が多いほど早い車という意外と理にかなった理論だったりします。

そしてそのトンデモ理論からいうとエルグランドなどの下向きマフラーの車は斜め上方向にぶっ飛んでいくことになります。


そんなことはやっぱり納得いかねェ!!


ってことでマフラーを交換しようと思ったわけですが、エルグランドのマフラーなんか中古ではなかなか出回っていない!

しかも新品ともなるとアホみたいな値段のものが多い!

ミニバンでマフラーを買えるのはドレスアップが主になるのでデザイン性を上げると必然的に値段も上がってくるんですねェ。


なのでそんな問題を解決すべく実家にて廃品回収を開始!
物置の奥を漁ってみるとちょうどいいものがありました!
20200929101449
オデッセイ用の純正マフラー!
柿本のマフラーに変えてから実家にしまい込んでいました。

こいつを生贄活用してエルグランドのマフラーを作成したいと思います!

まずこのままで運べないので邪魔になる太鼓の部分を切り落として使えそうなパイプの部分を持って帰ることにします。
20200929105620
これだけの素材が手に入りました!

長すぎるオデッセイの純正マフラーもぶつ切りにすることでラパンでも運搬が可能になりました。

さてさてこいつを流用してマフラーを作っていくわけですが、まずは純正のマフラーの形状を確認してみましょう。
20201002133809
メインパイプからリアピースを取り外すことはできそうですね。

しかし思わぬ誤算!?
純正マフラーが思いのほか太い!

ていうかオデッセイのマフラー細っ!!

まぁ何とかなるでしょう!?(笑)
とりあえずリアピースを取り外したいと思います!
20201002143450
さてさてみんなが大好きなマフラーの取り外し!
見た感じではさすが一度も取り外された形跡のない感じ。

フランジを固定しているナットを外すのですが、このナット、何ミリかな~??


・・・そうだね!16㎜だね!!
そうそう使わねェよ!16㎜なんて!!


しかし物持ちのいい私。
その昔、チェイサーの固着したプラグを取り外すために買ったセミディープの16㎜ソケットを後生大事に持っていたのでそいつを使用してナットの取り外しに成功!

固着はありましたがスピンナーハンドルを使用して簡単に取り外すことができました!
20201002145014
正直な話、固着したナットよりも経年劣化による硬化で外れにくくなったマフラーリングのほうが苦戦しました(笑)

潤滑剤を塗布してゆさゆさすることで何とか取り外すことができました。

さてさて、取り外したのはいいものの、オデッセイのマフラーと比べるとどう考えても太すぎるっピ!!

そこで目を付けたのはオデッセイのマフラーのメインパイプの一部!
何故か一部分だけ太くなっている部分があったのでそいつを有効活用します。
20201002135420
この太い部分の径とエルグランド純正のリアピースの径が同じだったのです。
なので早速純正マフラーをぶった切ります!
20201002152635
もうここまで来たらあと戻りはできません!
ていうか夜勤明けなのでうまくいかなかったときのことなど全く考えておりません!(笑)

まぁそんなことを気にしていては前に進めないので作業を進めます。

エルグランド純正のマフラーをオデッセイのマフラーの太い部分と溶接をしてくっつけます。

そしてオデッセイマフラーの径の細い部分とオデッセイマフラーのリアピースを溶接でくっつけます。
20201002161745
かなりいい感じに仕上がったように見えます。
早速こいつを車体に取り付けてみます。
20201002161141
かなりイカした感じです!
やっぱりデカい車体には左右出しマフラーが似合います。

ちなみにマフラーエンドにはテキトーなパイプを被せてありますが、こいつは仮の姿なのでエンドの形は変わります。

固定もフランジのところのボルトとマフラーハンガー一個でしかやっていないのでどうにかしたいと思います!

ではでは!
さてさてお次は仕上げていきますよ!

1601819810662

給付金のおかわりを求めさまよう蒼い弾丸こと僕です。

給付金のおかわりが支給されたらチェイサーに何か素敵なプレゼントを贈ろうと思います。
まぁ可能性としてはかなり低いんですけどね。


割と近所にある麻生邸に軽トラで突っ込まねば・・・。


そんな迷惑なことはできないので身近な迷惑野郎を対策したいと思います。
20200929114941
納車してすぐに交換したLEDウインカー!
こいつは光量がすさまじく、昼間ではまだ許せるものの夜間では迷惑そのもの!

エルグランドのレンズと相性が悪いのか明るさが異常なのかはわかりませんが、異常者が多い昨今。
夜間信号待ちでウインカーを焚いていて後ろの運転手が降りてきて文句を言われて殴られて二人は幸せのキスをして終了・・・なんて展開があってもおかしくない!?

そうなってしまう前にちょっとした抵抗をしたいと思います。

といっても減光ユニットを取り付けたりだとか、抵抗を付けてどうのこうのとかはめんどくさいのでとりあえず物理的な対策!


方法は簡単!
LEDウインカーバルブにアルミテープを巻くだけ!
20200929115814
このLEDバルブは側面と正面にLEDが配置されているタイプなので、正面の発光部分はそのままに側面発光部分の8割にぐるっとアルミテープを巻いて光量を落とす作戦です。


ちなみにアルミテープを巻いていない部分は取り付けるとリフレクター側に来るように地味に工夫しています。

こんな意味不明な対策ですが、効果のほどは抜群!
20200929115923
最初の状態に比べるとかなり光量が落ちています。
本当はもう少し光量を落としてもよかったのですが、あまり光量を落としすぎると日中に見えなくなっては元も子もないので・・・。


リアはこれにて終了!
お次はフロント!
20200929121452
フロントはリアとは違って正面の部分にアルミテープを貼って側面は3分の1の面積を一周ぐるっと巻いてみました!

フロントはリアに比べてレンズがクリアーなので正面発光の部分がかなり眩しく感じますのでね!
20200929121609
フロントもかなり光量を落とすことに成功!
ちょっと落としすぎかなとも思いましたが、離れてみると案外しっかり光っており問題なさそう。

ちなみにこの対策をした後にハトちゃんと遊んだのですが、対策前のウインカーではハトちゃんから背負い投げをされて池に落とされたのですが、対策後は特に何もされなかったので問題はないという判断です。

明るさを求めて購入したLEDをまさかダウングレードさせる日が来ようとは・・・。
いったい何が障害になるかわかりませんね!

商品自体はよさげなんですけどね!
ではでは!



1601819570761

私がエルグランドを購入する際の話。

実は私、エルグランドのリア周りがあまり好きではありませんでした。
50
リア周りといってもいろいろあるのですが、同期の20系のアルファード・ヴェルファイアに比べるとインパクトに欠けます。


あちら様はデカデカとしたテールランプに高級そうなナンバーガーニッシュ、純正でも大きいリアスポイラーと一目見ただけでも金がかかってそうな見た目なのです。

対してエルグランドはテールランプは長細いガーニッシュ付きのものに加えてブレーキ灯とウインカー、バックランプのユニットは分かれていて別段特徴のない形状。

ナンバーガーニッシュなぞはなく、リアスポイラーも控えめ・・・。


デカいミニバンなのに存在感に欠けるというかそんな感じがしていたのです。


なのでその思いを払拭すべく、納車されたら絶対にリア周りいじり倒そうと意気込んでいたのですが、実際に自分の車としてマジマジと観察してみると、割と悪くない感じ。

車高を下げてみるとなんだろう、ものすごくかっこよく見えてきました!(笑)


デカいテールランプにはないこじんまりとした感じはなにか洗練された落ち着いた感じという見方に変わりました!


しかし許せないところもあります!


アッパーテールランプはクリアレッドでとてもかっこよく感じるのですが、ロアテールランプがクリアーなのはあまりよろしくないですねェ・・・。

特に私のエルグランドは黒系の色なのでロアテールランプのクリアー加減がとても目立ってしまう・・・。


なのでこいつをスモーク化したいと思います!

購入したのはこちら!
20200920112248
ホークスアイというメーカーのスモークフィルム!
ランプ類のフィルムといえばこのメーカーが安くてとても使いやすい!
オデッセイのフォグランプに貼ったイエローフィルムもこのメーカーですね。



こいつをロアテールランプに貼り付けていきたいと思います!

まずはロアテールランプを取り外します。
20200920112213
取り外しに関してはウインカー交換かバックランプ交換の際に行った通りの手順です。
各バルブに配線がつながっているのですが、車体の方から出てきていいるカプラーを外すことでテールランプを取り外すことができます。


まずはテールランプの大きさよりも大きいサイズにスモークフィルムを切り取ります。
20200920112333
こういった系のフィルムを購入するときには大体一番濃いものを選ぶのですが、今回はあまり濃いものは選びませんでした。

あんまり濃すぎると視認性に問題が生じたりして後ろから怖いツートンカラーの公式改造車に煽られますからねェ・・・。

取り付け方法は二種類あり、一つはヒートガンで温めながら貼り付けて気泡を抜いていく作戦。
もう一つはウィンドウフィルムを貼るように霧吹きで水をかけてゴムへらで気泡を抜いていく作戦。


ロアテールランプは二つあるのでどちらも試して見ました!


結果的には霧吹きで水をかけて貼り付ける方が綺麗に気泡が抜けていい感じになりました!

正確に言うと、レンズの一番広い面は水浸しにして気泡を抜いて、端の部分はヒートガンで温めながら伸ばしたり折り曲げたりすると簡単に貼り付けることができました!
20200920114137
スモークの濃さもいい感じ!
エルグランドはわかりませんが、よく純正のオプションとかでスポーツタイプが設定されている車種なんかはこういった感じで軽くスモークが掛かっていたりしますよね。

そんな感じを想像していただければいいかと思います。

反対側のテールランプにもスモークフィルムを貼り付けて元に戻したら作業終了!
19
かなり引き締まって見えるようになりました!

個人的にこっちの方が好きです。
クリアーで目立っていたロアテールランプがいい感じに周りの色になじんでいるように感じます。

お手軽にイメチェンできるのはいいですね!
あとはアッパーテールランプですが・・・・。


こちらも納車前からいろいろと妄想していたのですが、案外この意匠も悪くないかなと思ってきた今日この頃・・・。


まぁ時間をかけてどうやって料理していこうかを決めたいと思います(笑)

ではでは!

このページのトップヘ